法事

大切なお客様にお越しいただいて、とり行われる法要の儀。故人を偲んで、語り合うひととき。ご法要にふさわしく、心を添えるお料理をお役立てください。

法事

26件の結果の中の1–12を表示

法事

法要は通常お一人様ずつの御料理が一般的です。
法事の料理
※命日の1ヶ月前位に僧侶と打ち合わせ、日時を決める
※場所をどこにするか(寺院・自宅・集会所他)
※親戚、また法要に来て頂きたい方に電話や「案内状」などで知らせる
人数の把握ができたら
※御料理を決めましょう(カタログをお送りいたします)
※御料理が決まれば、それに必要な諸道具類(グラス他)一式をご用意し、ご指定の場所までお届けいたします。
※飲み物等は、会場により設置してある所、ない所がございます。
(当店にお尋ねください)
※寺院等で法要をする場合は、配膳人(有料)が必要になります。
(当店で手配賜ります)
その他ご用意するもの
◆ 写真
◆ 引き出物
◆ 供花(墓前用含む二対)
◆ 供符(フルーツ・お菓子)
◆ 線香
◆ お布施
◆ 位牌
御法事料理まとめ表
料理品名 人数
ご親族様
御導師様
陰  膳

配膳人 引き出物(お客様用)
飲物手配 要    不要
「初七日」
現在では、通夜式・告別式と供に還骨勤行後、そのまま初七日の法要を告別式と続けて行うことが多くなりました。
「四十九日」(七七忌)
死後49日間は、中有(この世とあの世の中間の世界)を彷徨い、49日目に死後の運命が決まると言われ、この日を境に「忌明け」とされます。
「一周忌」
祥月命日といい、死去された翌年。
「三回忌」以降
一周忌以降は、死去された年も入れて数えます。
「三十三回忌」
三十三回忌、もしくは五十回忌を「弔い上げ」といい、この頃、仏(ホトケ)はその個性を失い、先祖の神となり家を守るといわれます。
■お通夜 ■一周忌 ■三十三回忌
■告別式 ■三回忌 ■三十七回忌
■初七日 ■七回忌 ■四十三回忌
■三十五日 ■十三回忌 ■四十七回忌
■四十九日 ■十七回忌 ■五十回忌
■百ヶ日 ■二十三回忌 ■七十回忌
■お彼岸(三月・九月) ■二十七回忌 ■百回忌
「お盆」
死去されて初めて迎えるお盆を「新盆」・「初盆」と呼びますが、四十九日(忌明け)前にお盆がくる場合、翌年迎えるお盆を「新盆」と呼びます。
「お彼岸」
春分の日(3月)・秋分の日(9月)を共にお彼岸の中日とし、その前後7日間を「お彼岸」とよび、仏壇参りやお墓参りをし、祖先が無事に三途の川の向こう岸に渡れるように願います。
「併修(へいしゅう)」
祖先の年忌は重なった場合、命日の早い方にあわせて同時に法事を行います。案内状などにもその旨を記すことを忘れないようにしましょう。

配達エリア

map

赤色枠…合計金額税別10,000円から配達

練馬区、中野区、杉並区、西東京市、 武蔵野市

黄色枠…合計金額税別20,000円から配達

東久留米市、小平市、小金井市、三鷹市

青色枠…合計金額税別30,000円から配達

板橋区、豊島区、新宿区、渋谷区、世田谷区、狛江市、調布市、 府中市、国分寺市、国立市、立川市、武蔵村山市、東大和市、 東村山市、所沢市、清瀬市、新座市、朝霞市、 和光市

それ以外のエリアは、お電話にてご相談ください。

受付時間 / 8:30-19:00 定休日 / 年中無休

カートを見る
FAXで注文


魚伊三からご挨拶

aisatsu-image

昭和15年創業、東京練馬の魚伊三。

調理にたずさわる者(従業員数:百数十名)の内、調理師免許取得者(30余名)が調理し、全員が慶弔事に携わるプロ意識を持ち、安全で、衛生的で早く、美しく、美味しく、ご満足いただけるお料理を心がけ、広範囲にお届けしております。

pagetop