お子様のお祝い

お子様に人気の具材をふんだんに使い、育ち盛りのお子様が喜ぶおかずを詰め込んだお弁当です。 家族や親戚のお集りなどでご利用下さい。

お子様のお祝い

19件の結果の中の1–12を表示

お子様のお祝い

お七夜
誕生から7日目の夜に、赤ちゃんの健やかな成長を願って行うお祝いです。平安時代からつづく民俗行事で、生まれた子に名前をつけて、社会の一員として仲間になることを認めてもらう儀式です。
赤飯や鯛、昆布、紅白の麩などの祝膳を家族で食べ、お宮参りまでの約1ヶ月間、命名書を飾ります。今日では出産した病院から退院する日が産後一週間前後が多いため、退院祝いを兼ねて行うことも多くなっています。
当店では、赤飯や鯛などのお祝い料理をご用意しております。
お宮参り
赤ちゃんが無事に生後1か月目を迎えたことを産土神に感謝して報告する行事です。両親と父方の祖母が付き添って神社にお宮参りをする風習があります。赤ちゃんに「白羽二重」の着物を着せ、紋の付いた祝い着を上から羽織らせる形が正式なもので、両親も正装が望ましいとされています。
神社のお参りから帰ってきた後、仕出し料理でお祝いはいかがでしょうか。
お食い初め
生後100日~120日目に行われる儀式で、子供が一生食べ物に困らないようにとの願いを込めて、赤ちゃんに食べさせる真似をします。伝統的な形の「お食い初め」は、一汁三菜の祝い膳と鯛を用意します。

桃の節句(ひな祭り)
女の子は3月3日の桃の節句に、幸せを祈り健やかな成長を祈る儀式をします。雛人形を飾り、ちらし寿司やはまぐりのお吸い物などでお祝いをします。
ちらし寿司は、彩が美しく華やかな女の子のお祭りにふさわしく、また沢山の具を混ぜ込むことから、大人になっても食べるものに困らないように、幸せに暮らせますようにと言う思いが込められています。はまぐりの貝殻は、一対になっている貝殻しか絶対に合わないことから、一人の人と生涯連れ添うようにという願いがこめられています。
当店では、会席料理やちらし寿司、お吸い物などをご用意しております。お吸い物は、桃の節句の時期限定で、はまぐりにも変更できますので、ご希望の方はお電話にてご注文ください。
端午の節句(こどもの日)
男の子は5月5日の端午の節句に、健やかな成長を祈願し各種の行事を行います。鯉のぼりには、子供の健やかな成長と出世を願うという意味があります。お祝い料理として、当店でご用意している、会席料理や鯛、赤飯、ちらし寿司などはいかがでしょうか。
七五三
7歳の女の子、5歳の男の子、3歳の男女を連れて、11月15日に神社に参拝し、子供の成長を祝う行事です。現在は早ければ9月末から11月末までの期間で、都合を合わせて行う場合が多いようです。
七五三の儀式として、3歳は髪を伸ばす「髪置きの儀」とし、主に女の子が行います(男の子が行う例もあります)。5歳は初めて袴をつける「袴儀」とし、男の子が行います。7歳は、それまでの紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解きの儀」とし、女の子が行います。
当日の一般的な流れは、神社への参拝・祈祷、写真屋さんで記念撮影、お祝いのお食事会が定番です。
当店では、多種お祝い料理を揃えております。この機会に是非ご利用ください。

配達エリア

map

赤色枠…合計金額税別10,000円から配達

練馬区、中野区、杉並区、西東京市、 武蔵野市

黄色枠…合計金額税別20,000円から配達

東久留米市、小平市、小金井市、三鷹市

青色枠…合計金額税別30,000円から配達

板橋区、豊島区、新宿区、渋谷区、世田谷区、狛江市、調布市、 府中市、国分寺市、国立市、立川市、武蔵村山市、東大和市、 東村山市、所沢市、清瀬市、新座市、朝霞市、 和光市

それ以外のエリアは、お電話にてご相談ください。

受付時間 / 8:30-19:00 定休日 / 年中無休

カートを見る
FAXで注文


魚伊三からご挨拶

aisatsu-image

昭和15年創業、東京練馬の魚伊三。

調理にたずさわる者(従業員数:百数十名)の内、調理師免許取得者(30余名)が調理し、全員が慶弔事に携わるプロ意識を持ち、安全で、衛生的で早く、美しく、美味しく、ご満足いただけるお料理を心がけ、広範囲にお届けしております。

pagetop